予備校と独学では、どちらが公認会計士試験に合格する可能性が高いかというと、予備校に通った方が高くなるでしょう。 その理由の一つとして、公認会計士試験の出題範囲の広さが挙げられます。 法律や会計問題の中にも、頻繁に出題される分野というものがあります。 効率的に公認会計士試験の勉強を行うためには、膨大な出題範囲の中から頻繁に出題される分野に絞って勉強する事が必要です。 その分野を適切に教えてくれるのが、予備校なのです。 また、最近の出題傾向としては、専門の知識がある事を前提とした、思考力や論理力を見る問題も多くなってきています。 そのような問題にも対応できるよう、準備する必要がありますね。 そのため、公認会計士試験を受ける方のほとんどは、予備校を利用して勉強した経験があるようです。 ただ、必ずしも予備校に行って勉強しなければ合格しない試験というわけではありません。 毎日5時間以上の勉強を3年も続けていれば、合格できるレベルの試験だとも言われていますので、独学で勉強しても十分に可能性はあると思います。